回線業者という単語をよく耳にすると思いますが、回線業者とはNTTのフレッツ光や、フレッツADSLなどです。それは、回線業者とプロバイダーです。

 

そして、プロバイダーというのはOCNや、BIGLOBEなどの業者になります。この二つのうち、どちらかが欠けてもインターネットはできません。

 

ですから、インターネットを使えている状態というのは、回線業者とプロバイダの二つの業者と契約を結んでいる状態になります。回線業者はインターネットの専用回線を使いたい場所まで引いてくれ、プロバイダはその回線を通じてインターネットに接続をしてくれる接続業者になります。

 

その際に、いったい自分は何を契約したのかよく分かっていない、という方も大口のではないでしょうか?ここで、インターネットの基本的な仕組みについてご説明したいと思います。まず、インターネットを始めるには、契約を二つ行う必要があります。

 

インターネットを始める時、家電屋さんで薦められるまま、なんとなく契約してしまっている方。