それ以降、様々なインターネット回線が登場しており、デジタル電話回線のISDNを利用してインターネット接続することもできますし、アナログ電話線を利用してADSLによってインターネット接続することもできます。同じ電話線でもアナログ電話回線とADSLでは、通信速度は1000倍という違いがあるのです。

 

手で触れる「電話線」は同じものを使っていても、その中を通っているデータはそれぞれ特徴のある方法通信されています。データを流す以外は音声の電話と同じですので、インターネットに接続する際には、まず最初にパソコンからプロバイダに電話をかける(ダイヤルアップ接続)という作業が行なわれます。

 

インターネット回線には、光ファイバーを利用する回線や、電話線を利用する回線、無線回線など、様々なものがあります。インターネットに接続することができる回線のことを、インターネット回線と呼びます。

 

昔ながらの電話線の中を通っている「アナログ電話回線」で、通常は音声をやりとりしますが、音声の代わりにデータを流すことでインターネットを利用することができます。どれよりも旧式なものとしては、アナログ電話回線もインターネット回線の一つとしてあげられます。